ロゴ

幹事は信頼のおける人にすると二次会を楽しめる

>レポート>幹事次第で二次会の盛り上がり方が変わるという新事実

幹事次第で二次会の盛り上がり方が変わるという新事実

パーティー

段取りよく進める

結婚式の二次会で幹事という大役を務めるためには、段取りが大切です。それには二次会当日に向けてスケジューリングをしながら準備を進めていくといい流れになります。二次会の準備はおおよそ3ヶ月前から始めるケースが多く、もしたくさんの出席者が集まるような規模の大きい二次会であればもう少し余裕を持って準備を始めます。また結婚式のハイシーズンは会場を取りにくいことがあるので、その場合も早めに会場を押さえます。このように状況に応じて臨機応変に対応します。そして2ヶ月前には招待状を発送します。参加者とのやりとりは、直接新郎新婦がするのか、幹事が行うかを事前に決めておきます。また必要なものをそろえるために、この時期には二次会でどんな余興をするか決めておきます。そして1ヶ月前には当日の演出を決めて、景品やプレゼントなどを購入します。このような流れで新郎新婦と相談しながら上手に進めて行くとスムーズに運びます。

パーティー

バランスを良くする

二次会の幹事は、数人のグループで進めていくとことがうまく運ぶ特徴があります。メンバーは新郎側と新婦側からそれぞれ2名前後が出ると、両方からの意見が出てバランスのいい二次会になります。もしどちらかの友人だけが幹事になると二次会の演出に偏りが出やすいことがあるので、新郎新婦の両方の友人が中心になることで出席者に喜んでもらえるアイデアが集まります。その結果当日も出席者全員で楽しく過ごせます。また二次会の幹事は、当日の準備のために何度か顔を合わせることになります。そして幹事グループの雰囲気がよければ、二次会の雰囲気も和やかで楽しいものになるのも特徴的です。そのためには新郎新婦と仲が良く、フレンドリーな人に幹事をお願いすると成功します。